2017年のホンダの7人乗りミニバンを比較するブログ

2017年のホンダの7人乗りのミニバンと他社ミニバンを比較しました。オススメなポイントは何?試乗レポートでの評価紹介や年次改良、モデルチェンジ情報などをまとめます。値引きや中古車相場も価格比較していきます!

ステップワゴンの荷室の積載量は十分?ライバル各車と一覧表で比較!

f:id:bekaz:20170608093255j:plain

ホンダ ステップワゴン(PR系)の荷室の積載量を調べました。

開口部や奥行きなどの寸法からどのくらいの積載量が期待できるか。同じミドルサイズミニバンの『トヨタ ヴォクシー』と『日産 セレナ』と比較して、分析してみました。

ステップワゴンの荷室の要点(見るべきポイント)

ステップワゴンに採用されるホンダお得意の低床プラットフォームがもたらす荷室床面(≒荷室開口部)の低さと、3列目シートが床下に格納できることによる荷室空間の広さが優れたポイントだと思います。

一方、床下収納のようなギミックはライバルに比べて全く存在していません

また、「わくわくゲート」の採用によりリア周りの剛性確保に腐心したそうですから、補強の結果が荷室開口部が狭くなるなどに裏目に出ていないか見る必要がありそうです。

ライバル車との荷室開口部比較

荷室への荷物の出し入れの楽さや入れられるモノのサイズに直結する「荷室開口部の寸法にに関する各種データを表でまとめてみました。

 

荷室開口部比較表
  ホンダ
ステップワゴン
トヨタ
ヴォクシー
日産
セレナ
高さ(mm) 1270 1240 1220
最小幅(mm) 1000 930 930
最大幅(mm) 1180 1200 1200
地上高(mm) 445 500 520

 

まずはステップワゴンの荷室開口部の床位置の低さが目立ちます。重い物を積み込む際には、高く抱え上げる必要がないということになりますから、この数値は重要です。今やホンダのお家芸とも言える「低床プラットフォーム」が効いているんでしょうね。

開口部自体の幅や高さは各車大差ありませんが、ステップワゴンは床面が低い分荷室の高さが優れています。

ライバル車との荷室奥行き方向の比較

次に比較すべきポイントが荷室の奥行き。大きな荷物を積む場合には、2、3列目を潰してでも広い荷室を実現することが大事ですし、3列目まで使っているときに荷室が小さ過ぎるのも困ります。

その比較として、何列目まで使うかを比較項目として、各車の荷室の奥行き寸法を表形式にまとめました。

荷室奥行き比較表
  ホンダ
ステップワゴン
トヨタ
ヴォクシー
日産
セレナ
1~3列目使用時(mm) 500 475 420
(スライド幅:
360-480)
1~2列目使用時(mm) 1180 1220 1150
1列目のみ使用時(mm) 1700 1690
(8人乗りは1780)
1660

 

数値上は各車大差ないですね。

しかし、ヴォクシーの8人乗りモデルはライバルを圧倒する奥行き値を実現しています。2列目の座面を跳ね上げてギリギリまで1列目の方にスライドすることができるためです。自転車など載せる場合に重宝しますね。

 

あと、セレナは3列目がスライドできるグレードがありますから、用途に応じて可変することができるのは嬉しいポイントです。

床下収納についての注意点

f:id:bekaz:20170608101103j:plain

ステップワゴンは床下収納がないのがライバルと異なるところ。その分床下に3列目を格納することができるんですが、1点気を付けたいポイントがあります。トランク部に荷物があると3列目が格納できません

考えてみると当たり前なんですが、一度片付けるなり、片側に寄せて半分だけ格納するなり、工夫が必要です。跳ね上げ式だとそんな配慮は不要。購入後に気づく不便なところかもしれません。

洗車道具とか工具やツールなど常備したいグッズを隠して置いておくことができないのもデメリットです。ライバル車は床下に隠すことができるのですが、脇にポケットなどもないんですよね…。

その分、スッキリとした荷室フロアで、荷室の左右幅いっぱいに容量を使える点は、他にない最大のメリット。頻繁に3列目を出し入れする必要があるか、常時積載品があるかどうか、など実使用シーンを想像しておいた方が良いですね。

まとめ

 ホンダ ステップワゴンの荷室の積載量をライバル車と比較しました。開口部や奥行きなど、寸法面ではライバルを上回るスペックを確保。3列目の格納方法がライバルと異なる点が、使い方次第でメリットにもデメリットにもなり得る、というのが私の結論です。

これらの特徴を念頭において、試乗車や展示車を見ておくと後悔が少ないのではないかと思います。

では!